桜人企画とは

8月 22, 2012 in 桜人企画とは

桜人企画(さくらきかく)は、大阪を拠点に活動しているソーシャルアート((演劇・音楽・ダンスetc)が、ソーシャル(社会・学校・人々・世界)と積極的に関わりを持っていく)集団です。

演劇の中に、生演奏×ダンス×歌が織り込まれた、エンターテイメントな音楽劇に、時折、普遍的なメッセージがビビッドに織り込まれているハートフルストーリー。観た人が、心温まりつつも、何かを心に刻んで劇場を後にしてくれる作品を「プレゼント」し、社会に感動を仕掛けることが私たちのミッションです。

<桜人企画の4本柱>

1.学校公演・子どものための劇団「E.Cギャラクシー」
 (特攻隊演劇や、東日本大震災を描いた作品などを通して、「命の大切さ」を伝えている。子どものための劇団は、新学習指導要領の理念「生きる力」を育てる指導を展開)

2.ワークショップ
 (代表 馬場さくらによる、「伝えるチカラ」ワークショップなど、
 応用インプロをアレンジしたワークショップを開催)

3.演劇のすそ野を広げる活動
 (インディーズバンドや、ダンサー、ゴスペルグループ等アーティスト達とのコラボレーションと、ジャーナリストやNGO職員などをゲストに迎えたトークライブにより、演劇を普段見ない層を演劇に触れてもらうよう、リンクを広げている)

4.自主公演
 (国内外の社会問題を取り上げ、独自の切り口で音楽劇化)