代表からのごあいさつ

 皆さんはプレゼントをあげるのが得意ですか?苦手ですか?プレゼントというのは、その人が今、必要なものや、この先必要になるものをあげることだと私は思います。見てもらう人、演じてもらう人、支えてくださる人への「プレゼント」として作品を提供したいと考え、こう名づけました。

また、演劇やバンド、ダンスなどは一見同じジャンルのようで、ほとんど交流がなく同じ世界の人達としか付き合いがありません。国際協力やジャーナリズムなど他のジャンルはもっとリンクがありません。
けれど、他ジャンルとのコラボこそ、作品に相乗効果を生み出し、未知な可能性が広がるのです!ジャンルを超え出演者達がひとつの作品にでることで、ひとつのイベントに参加することで、今までにない斬新な刺激を提供が出来たらと願っています。

 

私には自分が書いた「作品」しか武器がありません。けれど、その作品が沢山の人を繋ぐ楔になればこんなに嬉しいことはありません。

つたない私の中から生まれた作品が、一人ひとりに届き、響き、繋がることを願って。

 

2011.1.1 さくら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>