公演延期のお知らせ 5/2はトークライブ・音楽ライブ配信検討中 SAKURA PRESENTS vol.21 「ファイヤーダイヤモンド」

3月 1, 2020 in お知らせ, 最新公演情報!

【演劇延期のお知らせ トークライブ音楽ライブ配信を検討中】
今回、演劇『ファイヤーダイヤモンド』は延期します。
出演者の皆と意見を交わして、自分達で考えた結果です。
出演者がうつすかもしれない、うつるかもしれないと健康的・心理的不安をかかえるなかでは、良い作品が出来ないということ。
伝えることが使命なのに、観に来る人に安心をお届けできない、観に来る人がいなければ伝えられないこと。
なによりかかわってくれる人達が桜人企画を大切に思い、愛してくれていることがわかって、とても嬉しかったです。
だから延期します。

これまで振り付けや、作曲や、色々なみんなの努力と過程を考えると、本当に申し訳なく思います。

でも、朗読なり、何か配信はしたいです。5/2に間に合わせなくてもいいから。今、zoomを使った稽古とかもあって、面白いです。
IYCOさんの新曲ファイヤーダイヤモンドの歌も配信してお届けしたいです♪いま、聴きたい曲、届けたい曲です^ ^

ゆっくり、私たちのペースでいいものを作っていきたいです。楽しそうと思う人は無理なく協力してください(^^)

どうか何気ない言葉や空気で、芸術家達の繊細な魂が削りとられませんように

不要なんかじゃない

必要

それだけはたしかなことだと思ってます

2020年4月5日 馬場さくら

5/2に関しては、トークライブ、音楽ライブの配信を検討中です。
またお知らせいたします。

最後に、静岡『SPAC』演出家、宮城聰さんが、SPAC演劇祭を中止した際のメッセージが、とても人として心に染み入る言葉だったので引用して掲載させていただきます。
********

宮城聰より演劇祭中止にあたって
わたしたちSPACは、わたしたちの周りに「演劇を必要としている」人たちがいることをひしひしと感じています。
人生を豊かに生きるためには必要だ、という人がいて、また、それがないと水を失った植物のように精神がひからびてしまうという人もいます。
そのような方々にとって、演劇は精神の栄養であり、魂の水です。
わたしたちはつねに、演劇を必要としている方がひとりでもいるうちは演劇を届け続けなければならないと考えてきました。そして今回の危機が人々をいっそう孤立させるなか、その必要はますますふくらんでいると感じていたのです。

しかし今、わたしたちSPACは、今年の演劇祭の中止を決断いたしました。すべての海外演目の渡航が不可能になってもSPACの作品だけは上演する、と考えてきましたが、その砦も放棄することに決めました。
それは、今、俳優が集まって演劇の稽古をすることが、わたしたちの周りの人たちの身体的危険を増やす可能性がある、と判断したからです。

演劇、舞台芸術のもっとも基本的な定義は「生身の人と人が向き合うこと」です。いま生きているヒトのからだが全身から発している膨大な情報を、なるべくたくさん交換し合うことです。
だから演劇をつくっている者たちにとって、稽古場に集まることを断念するということは、自分の根を土から引き抜いてしまうことです。栄養も水も絶たれることです。

しかし今、そうするしかないと判断を下しました。そして、観客の皆さんと、SPACのわたしたちが、ともに「演劇を必要としているのに、演劇を絶たれた」者となりました。わたしたちは皆さんに演劇を届けることができなくなりました。

そこでこれからは、「演劇を絶たれた状態で、どうやって生き延びるか」を、皆さんとともに発明しようと思います。
俳優はもはや稽古場ではなく、各自の部屋にいます。これほど物理的に切り離された状態で、わたしたちは何ができるでしょうか?でも何かできなければなりません。絶望に沈まず、せかいと繋がり続けるために。精神を枯らさないために。今をもちこたえるために。
地球のあちこちで、やはり演劇を失ってなお耐えている、おおぜいの孤独な魂と連帯するために。

いまのいま必要な、演劇みたいな何か、を、きっとみつけて、お届けします。

2020年4月3日
宮城 聰
(引用先 https://festival-shizuoka.jp/about/#message)

 

 

SAKURA PRESENTS vol.21「ファイヤーダイヤモンド」

桜人企画色シリーズ21回目は『オレンジ』!オレンジ色のダイヤはダイヤモンドの中でも非常に珍しく、中でも「ファイヤーダイヤモンド」と呼ばれるオレンジダイヤは更に希少な存在ということで、今回そんな方々が集結!

テーマは『写真』📸#写真の展示🌈#写真家のトークライブ#インスタ女子ダンサーがヒロインの演劇

#firediamond #Follow us

📸日時📸

2020年5月2日(土)

10:30(親子観覧会 公開ゲネ)

13:00/17:00

        (開場は開演の30分前)

 

📸プログラム📸

ホワイエ:写真展示

 「PEACEis___」公募写真

「被災地福島の平和って?」(撮影:木村英生)

第一章:演劇「ファイヤーダイヤモンド」

第二章:トークライブ+音楽ライブ

・木村英生(大阪市中学校教員) 「被災地福島の平和って?」スピーチ

     ・青木弘(写真家)+こうづなかば(アーティスト)+馬場さくらトークライブ

     ・矢谷トモヨシ(シンガーソングライター)+IYCO(ミュージシャン)音楽ライブ

(※トータルで約2時間を予定しております)

 

📸会場📸

日本バブテスト大阪教会

(大阪市天王寺区茶臼山町1-17)

(JR天王寺駅公園口より徒歩5分 地下鉄御堂筋線谷町線あべちか6番出口より徒歩5分)

TEL:06-6771-3865

HP:obcs@jimdo.com

※駐車場はございませんので最寄りの交通機関でお越し下さい。

※車椅子の方もそのままお入りいただけます。

 

📸お申込み📸

https://my.formman.com/t/A6D2/

 

📸お問合せ📸

📩info★sakura-presents.com (★をアットマークに変えてください)

 

📸料金📸

《前売》一般2,200円 

U22(22才以下)1,700円

U15(15才以下)1,200円 

小学生以下こども無料

《当日》 すべて500円UP 

親子観覧会こども無料 大人500円

(※未就学児連れ親子優先となります。演劇のみトークライブはありません。割引対象外です)

【※当日以下のどちらかに参加していただくと200円割引!】

 ①その場でホワイエの写真展示をツイッター/インスタにアップ #桜人企画)

 ②「PEACEis___」平和とは?をテーマにした写真を募集しています!

  あなたにとってのPEACEis___」を撮影(過去作品でもOK)し、

  当日A4で印刷して会場にお持ちください。ホワイエに飾らせていただきます!

  (割引は併用できません)  

 

📸出演📸

 植田未沙稀(dancer)

山口愛実 (dancer)

齋之内遊

原田萌子

馬場さくら

若月咲弥(少年ピカレスクロマン)

《劇中歌》

IYCO

 

📸演劇「ファイヤーダイヤモンド」あらすじ📸

―この世には2種類の世界しかない。インスタ映える世界と映えない世界―仲良しインスタ女子ダンサー2人がインスタ映えを求め韓国へ!しかしインスタ映えない世界へと迷い込んでしまう…ダンスと歌をメインに織りなすハートフルライトコメディさくらワールド

 

<Guest speaker>

木村英生

大阪市の中学校教員。人権を大切にする教育に取り組んでいる。2013年から、原発事故被災地である福島県でボランティア活動を続ける「あいむひぁ大阪」の一員として福島と関わり続ける一方で、写真展などで被災地の今を伝える活動に取り組んでいる。

 

青木弘

写真家。

1976年鳥取県出身、横浜市在住。写真家の武政義夫氏に師事。英国への留学を経て2002年よりフリーランスとしての活動を開始。2008年青木弘写真事務所設立。現在、中東、アフリカの紛争地を中心に撮影を続けている。日本国内では神奈川県相模原市日本酒造蔵元久保田酒造にて酒造りと蔵人、また青森県大間市にてマグロ一本釣り漁師に密着。東京、大阪、ニューヨーク、L.A.など国内外での個展、写真集、雑誌などで作品を発表、またイベントや講演会などにて幅広く活動中。現在、新たにアフリカの平和支援のための「PEACEis_プロジェクト」を立ち上げ精力的に活動をしている。ニコンwebCMやサンディスクCMに出演中。サイト内ブログ戦場取材記も好評掲載中。

 

こうづなかば

ジュエリーアーティスト/アーティスト/デザイナー

2019年中央アフリカ共和国を支援するアートと社会貢献活動を組み合わせたPEACEisプロジェクト始動。2017年11月オリジナルジュエリーブランドGRAVITYをデビューさせる。2016年3月日本橋三越本店にてGRAVITYローンチとトークライブを開催、4月個展「宇宙標本」、7月個展「青の標本」、11月こうづのプロデュースによるサイエンスとアートの創造がテーマのトークイベント“宇宙視線”開催。2015年SWAROVSKI GEMSTONESの世界配布カタログの表紙に作品が採用される。2010年ジャーナリストゴトウケンジとのアートユニット“the chord”名義にて東京、長崎、高松にて巡回展を行い15,000名の動員。2008年音源付き詩画集「星を紡ぐ場所」リリース。2007年音源付きSF物語画集「SilentCode」リリース。

 

<Music performers>

矢谷トモヨシ

神戸市生まれ。学生時代からシンガーソングライターとして活動を開始、ライブ演奏に限らず、様々なイベントにも参加。テーマは『景色の見える歌』。芝居の挿入歌やラジオドラマのテーマソングの制作、ご当地アイドル「YENA」への楽曲提供など。http://music.ap.teacup.com/yatani/

 

IYCO

空、海、風、雨、土などの大自然そして人のぬくもりが感じられるようなサウンドを追求する。大好きなアフリカテイストを取り入れつつも和の響きを大切にしたJ-Africanというジャンルの先駆者としてワールドワイドな活動を続けている。この劇のために書き下ろした新曲にも注目。

 

📸作・演出📸

馬場さくら

桜人企画(さくらきかく)代表。演出家・脚本家。世界の問題や社会情勢を背景に光と影を軽やかに描く

エンターテイメントな作風。学校公演やこどもへの演劇WSにも力を入れている。2019年台湾4都市公演を実現。

<台湾報道>https://youtu.be/MvqM8uxJCNE

 

📸主催📸 桜人企画(さくらきかく)

HP:http://sakura-presents.com/